オススメレディースファッションブランド、アクアガール(aquagirl)の特徴を紹介します。

オススメレディースファッションブランド、アクアガール(aquagirl)の特徴を紹介します。

アクアガール(aquagirl)は株式会社WORLDが展開するレディースファッションブランド、
またはそのセレクトショップ。
近年ではアクアガールのショップから販売するCROLLA(クローラ)などのブランドラインも
まとめてアクアガールとして指すことがファンの間で多い傾向にあります。

アクアガールのアイテムは女性らしさに重点をおいたデザインやシルエットが特徴的で
年齢を選ばないテイストになっているのがポイント。
販売している各アイテムはカジュアルに合わせやすく、コーデ全体に影響するような癖の強さがないのが
好評の理由です。
同ブランドアイテムを着用するだけで大人の女性らしい、雰囲気の柔らかさを感じさせることが出来るでしょう。

こうした性質から分かるように、アクアガールのラインナップには20~30代の日常コーデで抑えておきたい
アイテムが豊富。
機会があれば同ブランド独特のエレガントさを体験してみることをオススメします。
もちろんセレクトショップに足を運び、販売している他ブランドと合わせてみても良いでしょう。

オススメレディースファッションブランド、フォーエバー21(Forever21)の特徴を紹介します。

オススメレディースファッションブランド、フォーエバー21(Forever21)の特徴を紹介します。

フォーエバー21(Forever21)は1984年カルフォルニア州で設立されたレディースファッションブランドです。
元々は韓国移民の若者向けにアイテムが作られていました、そのせいかエキゾチックでありながらも
アジア系に似合う要素も兼ね備えています。
2009年には日本に進出していたり、コラボなどを積極的に行っていたりしたことから
展開力が評価されているブランドでもあります。

同ブランドの特徴としては、キラキラした輝きや綺羅びやかなテイストが挙げられます。
こうした部分はアクティブなイメージでありながらも大人の品格を演出しやすく、
また地味めにもなりにくいのがポイント。
20代~30代といった女性らしさを求める層が扱いやすいアイテムブランドと言えます。

着こなしにおいてはモノトーンなど落ち着きがちのコーデの際のワンポイントとして扱うのがコツ。
同じ系統の派手めのアイテムばかりを組み合わせるとファッションがまとまらず
アイテムが浮きやすくなるので調和を考えたスタイルを意識しましょう。

オススメファッションブランド、ICHIMILE GRATORY(イチマイル グラトリー)の特徴を紹介します。

オススメファッションブランド、ICHIMILE GRATORY(イチマイル グラトリー)の特徴を紹介します。
ICHIMILE GRATORY(イチマイル グラトリー)は日本発のファッションブランド。
元々はichi-miri(イチミリ)というブランド名でした。

同ブランドアイテムの特徴としては日常的ファッションとしての機能にこだわった部分が挙げられます。
座りながら着脱できるフードアウターや収納性に優れたジャケットは特に人気のアイテムと言えるでしょう。
スカジャンとジャージー素材を組み合わせたスカジャージーなど個性的なアイテムも販売しており
そのアイテム一つ一つがカジュアルシーンで実用的です。

また、自社工場で作られるオリジナル生地などを扱っていることもポイント。
こうした要素が日常の中でも長い間着られるような、独特の着心地を生み出しています。
イチマイル グラトリーのアイテムはコーデの中で存在感がハッキリ出やすい物が多いので
埋もれない魅力を演出してくれます。
着こなしにおいては、同様に素材や質感が味わい深いアイテムを合わせると良いでしょう。

オススメ紳士靴ブランド、ア・テストーニ(a.testoni)の特徴を紹介します。

オススメ紳士靴ブランド、ア・テストーニ(a.testoni)の特徴を紹介します

ア・テストーニ(a.testoni)は1929年に設立されたイタリア発の紳士靴ブランド。
ブランド名の一部は創業者のイニシャルに由来しています。
メンズフォーマルシューズのビスポーク(注文)製品を主に扱っているのが特徴的です。

同ブランドは作り方が独特でボロネーゼ製法という作り方で行われるのがポイント。
この製法は内張りとインソールを一体のように縫い合わせる作り方でマッケイ製法の発展形とも言われています。
この製法を取ることによって同ブランドの魅力あるデザインをしっかり表すことができるんです。

また、レザー加工も職人の技術が活かされており厚さ、薄さの調整がしっかりなされているのもポイント。
こうしたこだわりは見映えだけでなく履き心地にも影響しており、多くの人々の興味を惹く魅力になっています。

同ブランドアイテムを身に付ける際の注意としては特徴であるイタリアの職人物という点を踏まえて、
ある程度品格を備えたスタイルで使用するべきでしょう。
もちろんイタリア現地のスタイルを参考にしても良いかもしれません。
基本的に合わせるアイテムとしてはカジュアルでもドレスシーンでも、襟付きシャツなどフォーマル寄りのものが
オススメです。